胸が小さい事がコンプレックス…彼氏の前で服を脱ぐのも照れくさいし、友人と温泉に行くのも嫌…。


自身の胸が小さい事がトラブルで、自身に自信が持てない女子は少なくないのです。


201604220307-640x427


それ故に、恋にそれに対しも積極的になれなかったり、

自らにそれに対しマイナスなネガティブを持ってしまったり、という事につながってしまいます。

でも、胸の不満は定期的の努力を継続する事で改善させる事ができます。

他にも、女らしいバストアップするためにベストにやりたいのは、胸クリームです。

胸クリームをベストチョイスしている訳については、こちらの投稿でも記載しています↓。




そして、実際にバストアップに挑戦しようと思ったときに、

気になるのはその副作用ではないでしょうか?

生理不順や、不正出血などの副作用がでてしまうのが不安だという声も良く見かけます。

ここでは多くの方が気にしているバストクリームの副作用について、

実際の体験談も合わせてご紹介いたします。


バストクリームとは?

bustlines_
まず、バストクリームとは?ということからご紹介します。

胸を大きくやりたいと思った事例には、女性ホルモンを活性化させる事が大事です。

他にも、その女性ホルモンの生成を活性化したり、

生み出された女性ホルモンを胸に届けるためには、

ツボの刺激やマッサージが相当影響しているのです。

マッサージをすることで、女性ホルモンが活性化されますし、

バストまわりの血行が良くなることで、女性ホルモンが全体に循環やすくなります。

このサイクルが繰り返されていくことで、胸の成長が期待出来るんです。

加えて、マッサージをよりパフォーマンス的に可能なようにする事を助けてくれるのが

胸クリームです。

胸クリームには、ありきたりのボディークリームとは違って

女子らしい胸を作り出すのに必須な成分が多く含まれています。

ちなみに、バストクリームの中でも個人的におすすめのクリームは

このバストケアクリーム LaChouChou です。




バストクリームの副作用は?

バストアップクリームの効果


そして、バストクリームの副作用についてですが、

副作用がでてしまうかどうかは体質によるところがあるので、どうしても個人差があります。

使い始めるときには、まずは少しずつ試していって、

副作用がないかどうかを確認しながら利用することをおすすめします。

私自身はLa Chou Chou(ラシュシュ) のバストクリームを利用していますが、

副作用は一切感じていません。

「プエラリア」による副作用。

バストクリームやサプリメントを試した人の副作用のきっかけの多くは、

「プエラリア」という成分に起因している事が多々あようですが。

プエラリアはバスト膨れ上がるのための成分の中では良く耳にしますが、

体質によっては副作用がでてしまう事もあります。

おすすめしているLa Chou Chou(ラシュシュ) のバストクリームは、

このプエラリアが成分に含まされていないのが特長としてあります。

このクリームに含まれているボルフィリンは、

女性ホルモンには無害な成分なのですが、副作用が出にくいという特長があります。

過去にプエラリアが含まれているバストグッズで副作用が出てしまった人にも、

是非、試してみて欲しいと思っています。

まとめ

バストアップマッサージの効果を最大限に発揮するためにも、

効果的な成分が配合されているクリームを活用していくことはとても有効です。

マッサージだけではなかなか効果がでない…など、現在のバストアップに困っていたり、

少しでも興味があったら、使用レポートの記事も見ていってくださいね。



【てんちむプロデュース】着けるダケ理想のバストへ